長老ニュース

急激な省エネルギー住宅の普及

 まずは、断熱仕様についてお話します。建築業界は、これまで多く見受けられた「見せかけだけの性能」ではなく、「かなり質の高い性能」の住宅供給に移行し、また同時に普及しているのが実情です。
 「性能の高い家は、関心も高い。」ことに着眼した住宅関係者は、高気密・高断熱化を急速に進めるようになってきました。
 自然環境問題、省エネルギー問題、人口減少による家余りの現状を考えると、大手ハウスメーカーや、大手ビルダーが高断熱住宅を供給するのは、必然のことです。
 しかしながら、一方で家に断熱性能を持たせることによって、発生する課題が多いのも事実です。

本当に性能は出ているのか

 2020年の建築物省エネ法義務化が迫っています。国土交通省主催の「住宅省エネルギー技術講習会」が日本全国で開催されています。
 この講習会は、住宅建築関係者の受講が義務付けられています。講習会では、様々な断熱や気密施工技術の要点を学びます。「そのような施工が本当に可能なのか?」「まともにやったら工賃が跳ね上がるのではないか?」と疑問に思う一方、「ファースの家の断熱・気密の素晴らしさが分かった」と云う声が多くありました。
 大工さんの仕事は、予算の中で丈夫で美しい収まりの家を工程通りに施工し、納めることが重要だと考えます。
 グラスウールなどの断熱材を精密に入れる作業や、気密を図るため、ポリフィルムの張り方に細かい技術と神経を使う作業内容は、大工さん本来の仕事とは思えません。「ファースの家」は、主要な断熱・気密工事を特別な施工研修を受け、責任施工契約をした専門業者が行い、大工さんには本来の仕事に力を発揮して頂きます。
 「お約束した性能をしっかりと現場で実現する。」当たり前のことなのですが、現状ではまだまだ課題があるように感じます。

高性能住宅の住まい方

 しっかりした施工で断熱性能の高い住宅に住むことができたとして、次に課題となるのは「ユーザーの住まい方」となります。一定以上の性能を満たした住宅であれば、それ相応の冷暖房機を選択し、それを正しい場所に取り付け、正しく使う(住む)ことが必要です。
 一時期、インターネット上では、「エアコンは付けっぱなしの方が、本当に消費電力が少ないのか?」といった論争が起きていました。結論からいうと「家の断熱・気密・日射遮熱の性能が高ければ、付けっぱなしの自動運転が事実、省エネになります。
 ファース工法は、すでに何年も前からエアコン冷暖房の自動稼働を確実に実践する仕組みをシステム化して、省エネ効果を上げてきました。

光熱費が安く快適

 現在は、各電力会社のホームページで自宅の光熱費と、自宅と同じ契約を結んでいる住宅の光熱費を比較できるサービスが提供されています。
 ファースグループでは、このサービスの活用を推奨しており、消費電力が平均を超えるようなことがあれば、アドバイスを行うサポートを実施しています。
 光熱費を膨大に使って、快適性を保持することや、身体に我慢を強要しての省エネでは、健康上でも大きな問題が生じます。
 快適で、省エネな住宅であることを知るためにも、各電力会社の光熱費比較サービスを活用されてはいかがでしょうか?

(著:ファース本社/福地 智)

おろし金を上手に使おう


大根やワサビをすりおろすのに使う「おろし金」。

すり終わった時、おろし金にたくさん付いた大根がなかなか取れなくて、ムダにしてないかのう。

おろし金の後始末も面倒じゃ。
そこで知恵袋・・・

おろし金の上にラップを敷いておくんじゃよ。
ラップの上から、大根やワサビをすりおろしたら、敷いておいたラップをおろし金から取り外すだけ。
大根おろしやワサビがラップごと綺麗に取れるし、おろし金の手入れも簡単。

意外とラップは破れんから、試してみてはどうじゃ?

カテゴリー: 住まいづくりの参考新聞 | 急激な省エネルギー住宅の普及 はコメントを受け付けていません。

お引っ越しのポイント!

業者選び

img_illust01
 新築、大規模リフォーム、賃貸から賃貸など、必ず行うのが家具や衣類、生活用品を新居に移動する引っ越しです。やらなければならない事ですが、非常に大変な作業を伴う大イベントです。

 出来ることなら、費用が掛からないように自分たちでと思う方もおりますが、人手、トラックの準備、新居に傷を付けないようにと考えるとプロである引っ越し業者に依頼することになります。そこで悩むのがどこの業者に依頼するかです。理想は、費用が安くて、親切丁寧ですが、どのような方法で探せば良いかが大きなポイントになります。

 最近はインターネットで、様々な業種についての評価や書き込みを閲覧することが可能ですので、「引っ越し業者 口コミ」で検索するとたくさんのサイトで紹介されており、参考になるかと思います。また、知人や友人で引っ越し経験のある方からアドバイスをいただいたりすることも良いでしょう。

 そして、何より一番安心して依頼できる方法は、新築やリフォーム工事、賃貸業務で携わった、建設業者さんや不動産業者さんから紹介やアドバイスをいただくことです。大切なお客様からの依頼であれば、間違いなくしっかりとした業者さんを紹介もしくはアドバイスしていただけます。もしかしたら、業者さんと引っ越し業者さんにつながりがあれば割引もあるかも知れません。

見積依頼と依頼時期

 上記のような確実な紹介をいただけない場合は、1社だけに絞らず数社、候補会社を決めて、それぞれに見積をとることをお勧めします。競合会社がいると割引やサービスをしてくれるケースがあるようです。

 引っ越しの時期は、異動や転勤が多い3月は価格も上がり、希望日程に合わない事もありますので注意が必要です。時間については希望時間ではなく、引っ越し業者さんの都合に合わせることで、割引してくれるケースもありますので、事前に担当者の方にお聞きすることも大切です。

 また、引っ越しは家族にとっての一大イベントの一つですので、仏滅を避けて、大安などの日取りを希望する方が多いことから、仏滅など人気のない日取りについては価格が安いこともあります。もし、引っ越しの日取りを気にしない場合は、ご家族などで検討の上、お決めになってください。

引っ越しチェックリストの作成

 住所が変わると様々な事の住所変更届を行わなければなりません。主な手続きを下記に紹介いたしますが、出来ればインターネットで「引っ越し 手続き」と検索し、ご自身に必要な項目をリスト化し、済んだ項目からチェックすることをお勧めします。

【主な引っ越し手続き】

・転出、転居、転入届
・郵便物の転送届
・電気、ガス、水道の手続き
・NHKへの住所変更
・金融機関住所変更
・各種保険住所変更
・携帯電話住所変更
・運転免許証住所変更
・クレジットカード住所変更
・印鑑登録住所変更
・国民年金住所変更 など

 最近では窓口に行かなくてもインターネットのサイトにて住所変更手続きが出来るものがありますので、大変便利になりました。

引っ越しを機に断捨離を!

「いつかは捨てよう」「捨てるのが面倒くさい」などで溜まりに溜まった普段使わないものは、引っ越しを機に捨てるのはいかがでしょうか?
断捨離することで新居に持ち運ぶものも少なくなり、新居での整理整頓もし易くなります。「いつかは使う」と思っている物のほとんどは「二度と使うことがない」物のようですので、心を鬼にして断捨離することをお勧めします!

(著:ファース事業推進本部/柳田貴志)

 
排水口のヌメリ防止

img_moriji
キッチンの排水口は洗剤を使い、頑張ってピカピカにしても、数日後にはヌメリや黒ズミがついてしまう。
毎回この繰り返しで、出来ればヌメリや黒ズミが付かない方法はないのか?と思っている方も多いことじゃろう!

今回は、そんなヌメリを予防する方法じゃ。
使うのは、使用後のアルミホイル。
このアルミホイルを小さく丸めて排水口に置いておくと
ヌメリや匂いを防いでくれる。不思議だが種明かしはこうじゃ。

アルミホイルと水の化学反応によって発生した金属イオンが細菌の増殖を防いでくれるんじゃよ。
アルミホイルは固く潰さずにふんわり丸めるのがコツ。
水に触れる表面積が多くなって、より効果を発揮してくれるという訳じゃよ!

カテゴリー: 住まいづくりの参考新聞 | お引っ越しのポイント! はコメントを受け付けていません。

電気の自由化がスタートで何処から電気を?

img_illust02
 福地建装ファース本部では、過去30年以上にわたり、オール電化(全電化)の家づくりを行ってまいりました。それは、現場発泡の吹き付け断熱によって、気密性が非常に高くなります。そのため燃焼器具の利用は、ガスの発生や酸欠のリスクが高まり、必然的に燃焼ガスを出さない電化住宅となりました。

 換気する事で燃焼ガスへの対処は可能ですが換気は、せっかく温め、冷やした室内の空気を捨てる事になります。更には湿気対策も出来ません。

 少子高齢化などの時代背景で、家の性能に関係なくオール電化住宅が増え続けて参りました。ところが東日本大震災によって発生した原発事故を原因に、少しずつ電化の普及が下降線をたどっております。

 今年の4月1日からは、一般家庭においても電力の自由化がスタートし、現在250社以上の電気事業者が参入し、契約先によって電気料金が色々あります。結局どこからの電気が得なのかがとても解り難いのが現実です。

 発電施設や送電線や電柱を含む配電施設は、元々の各電力会社が安定供給を行うことを法律で義務付けられております。
 つまり家に届くまでにかかる経費はなくなるわけではありません。

 そこで各電気販売企業では、ポイントサービスなどを駆使してお客様に、お得な雰囲気を提案されているようも感じます。
 来年4月から都市ガスも自由化になるとの事が予定されており、オール電化ではない戸建住宅の場合は、さらに混乱してしまう可能性があります。

 近未来的な環境対策に関する政策的方向性は、町など都市が連携して電力管理を行う、スマートコミュニティーやスマートグリッドになります。

img_illust01
 現在の電気のメーター機器は、上記に備えてスマートメーターの導入が急がれております。またHEMSといった家庭内における電力消費の見える化の対応策が拍車を帯びてきました。これらをネットワーク化することによって、社会全体のエネルギーロスを減らし、何十万kw、何百万kwといった単位で削減できるのではと、言われております。ちなみに大型の原発一基が100万kwですから、スマートコミュニティーやスマートグリッドは必須となります。

 電力の自由化に関しては、慌てることなく、冷静に吟味することが肝心です。新規電気販売会社は、ガスや石油との使い合わせを前提にした電力メニューが殆どです。「ファースの家」のお施主様は、迷うことなく従前の電力会社からの電気をそのまま使用する事が最善だと言えます。

(著:ファース推進事業部/藤原智人)

ファース・グループは時代の先を見た家づくり

 国では一般住宅を2020年に省エネ基準を義務化にします。更には、2030年まで新築住宅の年間一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅とする政策目標を設定しております。

 これらの政策を知らずに建築すると数年後には時代遅れの建築物となってしまう可能性もあります。その他、補助金や減税制度は年々変わり、建築関係者でも変化についていくのがやっとという状況でもあります。

 種類・種別・条件が多岐にわたり、建築関係者以外からすると複雑難解を極めます。施主にとっては、時代の先を見た家づくりに取り組んでいる施工工務店さんとの繋がりを大切にし、相互に情報共有して行くことが肝心です。

img_illust03
 私達ファース本部は、既に30年前からこのような省エネ住宅の必要性を訴え続け、様々なハード研究を行って参りました。
 昭和60年に行ったファース本部が日本初めての「オール電化住宅システム」は、徹底した高気密、高断熱の性能で成立するものでした。

 その技術進歩は、深夜電力に頼らないヒートポンプによる輻射熱冷暖房へと省エネでクオリティーの高い家づくりを実践できるようになりました。
 リフォームや新築をご計画の方は、ファース・グループの工務店にお尋ねください。

(著:ファース研究開発室/藤木幸太)

楽に包丁の切れ味が復活

img_moriji
切れない包丁ほど、使いづらい物はないが、手入れは面倒じゃのう。
そこで誰にでも簡単に研ぐ方法を教えよう。 
用意するのは、台所用クレンザーと大根だけ。
まずは、大根を4~5センチの輪切りにして、断面にクレンザーを振りかける。
次に濡らした包丁をまな板の上にねせるんじゃ。
あとは、大根のクレンザーが付いた面を刃の部分に当てて、往復するようにこするだけ。おっと、反対側も忘れないようにな。
たったこれだけで、サビや汚れが落ちて、ピッカピカ、切れ味ばっちりの包丁に大変身。 
クレンザーが大根の中に染み込んで、やさしく包丁を研ぎながら、同時に磨いてくれるというわけじゃよ。

カテゴリー: 住まいづくりの参考新聞 | 電気の自由化がスタートで何処から電気を? はコメントを受け付けていません。