長老ニュース

急激な省エネルギー住宅の普及

 まずは、断熱仕様についてお話します。建築業界は、これまで多く見受けられた「見せかけだけの性能」ではなく、「かなり質の高い性能」の住宅供給に移行し、また同時に普及しているのが実情です。
 「性能の高い家は、関心も高い。」ことに着眼した住宅関係者は、高気密・高断熱化を急速に進めるようになってきました。
 自然環境問題、省エネルギー問題、人口減少による家余りの現状を考えると、大手ハウスメーカーや、大手ビルダーが高断熱住宅を供給するのは、必然のことです。
 しかしながら、一方で家に断熱性能を持たせることによって、発生する課題が多いのも事実です。

本当に性能は出ているのか

 2020年の建築物省エネ法義務化が迫っています。国土交通省主催の「住宅省エネルギー技術講習会」が日本全国で開催されています。
 この講習会は、住宅建築関係者の受講が義務付けられています。講習会では、様々な断熱や気密施工技術の要点を学びます。「そのような施工が本当に可能なのか?」「まともにやったら工賃が跳ね上がるのではないか?」と疑問に思う一方、「ファースの家の断熱・気密の素晴らしさが分かった」と云う声が多くありました。
 大工さんの仕事は、予算の中で丈夫で美しい収まりの家を工程通りに施工し、納めることが重要だと考えます。
 グラスウールなどの断熱材を精密に入れる作業や、気密を図るため、ポリフィルムの張り方に細かい技術と神経を使う作業内容は、大工さん本来の仕事とは思えません。「ファースの家」は、主要な断熱・気密工事を特別な施工研修を受け、責任施工契約をした専門業者が行い、大工さんには本来の仕事に力を発揮して頂きます。
 「お約束した性能をしっかりと現場で実現する。」当たり前のことなのですが、現状ではまだまだ課題があるように感じます。

高性能住宅の住まい方

 しっかりした施工で断熱性能の高い住宅に住むことができたとして、次に課題となるのは「ユーザーの住まい方」となります。一定以上の性能を満たした住宅であれば、それ相応の冷暖房機を選択し、それを正しい場所に取り付け、正しく使う(住む)ことが必要です。
 一時期、インターネット上では、「エアコンは付けっぱなしの方が、本当に消費電力が少ないのか?」といった論争が起きていました。結論からいうと「家の断熱・気密・日射遮熱の性能が高ければ、付けっぱなしの自動運転が事実、省エネになります。
 ファース工法は、すでに何年も前からエアコン冷暖房の自動稼働を確実に実践する仕組みをシステム化して、省エネ効果を上げてきました。

光熱費が安く快適

 現在は、各電力会社のホームページで自宅の光熱費と、自宅と同じ契約を結んでいる住宅の光熱費を比較できるサービスが提供されています。
 ファースグループでは、このサービスの活用を推奨しており、消費電力が平均を超えるようなことがあれば、アドバイスを行うサポートを実施しています。
 光熱費を膨大に使って、快適性を保持することや、身体に我慢を強要しての省エネでは、健康上でも大きな問題が生じます。
 快適で、省エネな住宅であることを知るためにも、各電力会社の光熱費比較サービスを活用されてはいかがでしょうか?

(著:ファース本社/福地 智)

おろし金を上手に使おう


大根やワサビをすりおろすのに使う「おろし金」。

すり終わった時、おろし金にたくさん付いた大根がなかなか取れなくて、ムダにしてないかのう。

おろし金の後始末も面倒じゃ。
そこで知恵袋・・・

おろし金の上にラップを敷いておくんじゃよ。
ラップの上から、大根やワサビをすりおろしたら、敷いておいたラップをおろし金から取り外すだけ。
大根おろしやワサビがラップごと綺麗に取れるし、おろし金の手入れも簡単。

意外とラップは破れんから、試してみてはどうじゃ?

カテゴリー: 住まいづくりの参考新聞 パーマリンク