長老ニュース

湿度に関心を

 晴天も多く、空気が最も乾燥する時期は、住宅のリフォーム工事などを行なう季節としては、絶好と言えるでしょう。
 天候が良い時は、窓を大きく開けて、自然の空気を存分に取り込みましょう。一般住宅では、環境を整える床下換気口の状態をチェックします。開閉式の場合は、大きく開けて、床下通気を促す必要があります。

 土間コンクリートなどの防湿対処を行っていないお宅は、建築基準法で、床下換気口の設置が義務付けられています。換気口がゴミなどで塞がっていると、家の寿命にも大きく影響します。日頃から、換気口のチェックをしっかりと行なうことが大切です。
 高温多湿の時季は、生活環境の悪化を防ぐためにも、しっかりとした湿気対策を行なわなければなりません。
 湿気による問題と言えばカビですが、水回りを中心に住まいの至る所に発生する可能性があります。結露やダニなどの発生、押し入れ内の臭い、タンス後ろのシミなどの多くが湿気によるものです。

換気機器のメンテナンス

 2003年7月に24時間換気が義務化となり、それ以降に建てられた住宅は、必ず機械等で換気を行っております。そのため換気機器は、24時間稼働させる必要があります。
 機器には、室外から空気を取り入れる給気口部分や機器本体に、汚れた空気をそのまま室内へ入れない為の『フィルター』が設置されています。
 フィルターは、定期的なメンテナンスが必要であり、メンテナンスを怠ると、目詰まりなどを起こし、換気扇本来の性能を発揮することができなくなります。
 ファースの家には、全熱交換式換気扇が標準装備されております。全熱交換式換気扇は、外部の温度を室内の温度に近づけて、換気する機能と湿度を室内の湿度に近づけて、換気をする機能の両方を備えています。
 フィルターが目詰まりを起こすと、温度交換率・湿度交換率が本来の性能を発揮することが出来ない場合や、モーターへの負荷が増え消費電力が大きくなってしまうこともあります。日常的に換気扇のメンテナンスを行うことは、電気代軽減、省エネにも有効的です。
 設置されている機器には、メーカー毎にメンテナンス期間の目安を公表しており、機種ごとに確認の上、メンテナンス(清掃)を行って下さい。
 設置されているフィルターによって、清掃方法は様々で、水洗い出来るもの、出来ないものなどがあります。また、メンテナンス期間の目安が短く、こまめにメンテナンスを必要とするものもあります。

エアコンのメンテナンス


 エアコンのフィルターは、こまめに掃除しないと埃がたまります。目詰まりを起こしたままにしておくと、稼働負荷が増えるだけでなく、冷暖房の効果や除湿能力を弱め、電気代が増大します。フィルターを掃除して、冷暖房の効率を本来の性能に戻し、電気代の無駄をカットしましょう。

(著:ファース研究開発室/藤木幸太)

 

アルミ鍋の黒ずみを楽に取ろう

食べ残しのリンゴの皮は、どうしてるかの?
実は、アルミ鍋の黒ずみを取るのにもってこいなんじゃ。

アルミ鍋は、底の方から黒ずんで、洗剤で一生懸命に洗っても、なかなか落ちん。
そんな時、リンゴの皮を水と一緒に黒ずんだアルミ鍋に入れて、グラグラと10分ほど煮立たせるんじゃよ。
黒ずみはキレイさっぱりなくなって、まるで新品のようになる。

あと、リンゴには消臭効果があって、さわやかな香りは、においも消してくれるんじゃよ。
黒ずみを楽に取る方法。一度、試してはどうかの。

カテゴリー: 住まいづくりの参考新聞 パーマリンク