ホーム > 長老森施工の家作り > 家づくりの流れ

家づくりの基本姿勢


 夢と希望がいっぱいで家づくりがスタート。でも、何から始めたら良いのでしょう?
 どんな流れで家づくりが行われているか、足取りをご紹介します。


 住まいに関する現状のお悩み、ご相談などを随時受けております。新築だけが家づくりではありません。増改築・リフォーム工事などでもご相談ください。
 完成・構造見学会、セミナーなどイベントへご来場いただくのも一つのきっかけとなります。



 お客様のプランへのご要望、ご予算、資金計画などのヒアリング、アドバイスをします。併せて、敷地の法的規制や周辺環境なども調査します。
 土地をお探しの方や仮住まいが必要な方は、たくみ不動産がサポートいたします。



 ヒアリング・敷地調査などをもとに、複数のスタッフでプラン・概算見積を作成してご提示します。併せて、資金計画に無理がないかライフプランも検討しながら資金計画書をご提示します。



 プラン・概算見積・資金計画をもとに詳細な打ち合わせを行います。
 住宅ローンでのご計画の方は、借入審査の手続きを銀行へいたします。
 打合せを行いながら詳細の仕様をまとめまして、お見積りです。



 地盤調査を行い、地盤改良の必要の有無や費用の確認をします。
 ご要望がカタチになりましたら正式な図面を作成し、ご契約後に予期せぬ費用が発生しないように、トータルカラーコーディネイトなども行います。



 ご契約前に、工期・日程・お支払い条件など重要な事項を打合せさせて頂きます。
 以上の内容等を十分ご納得いただき、ご契約となります。



 着工前の最終打合せを行い、建物の配置など設計変更などがないか確認します。
 (着工後の変更は、工期の遅れや追加予算の発生につながります。)
 着工に先立ち、当社担当者が近隣の方々へ工事のご挨拶に回ります。



 地鎮祭を行い、着工となります。工事期間中は各種社内検査を適時行いますが、基礎配筋工事完了時と躯体工事完了時には、第3者による検査が行われます。



 木造の軸組みが完成し、屋根ができると上棟です。上棟式を行い、工事は続きます。
 その都度、当社担当者が工事の進捗状況を報告しますので、随時建築過程をご覧ください。



 工事が終わりましたら、お客様立会いのもとで仕上がりの最終確認をしていただきます。
 この時、打ち合わせ通りの仕上がりかお客様もご確認いただき、保証書を発行してお引き渡しとなります。



 定期的に訪問点検を実施しながら、本当の意味での家づくりが始まります。