見学会・イベント・最新情報
’17年4月号   鹿角市花輪在住   小林 賢様邸

快適な温度・湿度を保つ機能性!無垢材がもたらす心地よい空間!

 見事な色彩の調和に、しばし眺めていたくなる・・・。そんな雰囲気をもつ外観とそれを引き立てるウッドデッキ。木の魅力を演出しています。
 リビングは吹抜けで、あふれんばかりの開放感とは逆に天然木が使われているフローリング、階段、建具類のもつ豊かな質感に癒しさえ覚えます。吹抜けにある2枚の大きな窓で、よりスケール感の増す空間を感じながら、無垢材の何ともいえないぬくもりに包まれるリビングです。ダイニングからも、同じように落ち着いた雰囲気と居心地のよさが伝わってきます。無垢材と吹抜け、ウッドデッキは、ご夫妻の強いご希望によるものです。

 センターキッチンから、リビングの延長とも思えるウッドデッキを通した広々とした眺望も、また圧巻です。中央配置により、左右どちらからもダイニングングへ。さらにはに炊事スペースから、洗面室や脱衣室にもアプローチできます。他に見られる抜群の導線も、お二人の工夫の結果です。
 洗面化粧台は、小型のカラフルなタイル張り仕上げになっています。シックなイメージと可愛らしさが両立しており、センスの良さが伺えますね。

 2階のホール、通しのテラスからの眺めも最高です。ウッドデッキ同様、外と内を一体化させる役割を担っていました。
 生活するうえで、欠かせない収納スペースにも配慮されています。たっぷりの収納力を持つ、各居室のクローゼットはもとより、2階ホールにも使い勝手の良い収納室が設けられていました。

 高気密・高断熱と合せ、空気循環システムにより、家中のどこもが快適な温度と湿度を保っています。綺麗な空気の中での生活。健康にやさしい性能も見逃せません。アウトドア派のお二人の天然素材に対する強い想いと熱心な工夫が集約されたお家ですね・・。何とも素晴らしい限りです。




カテゴリー: 新築 | 快適な温度・湿度を保つ機能性!無垢材がもたらす心地よい空間! はコメントを受け付けていません。
’16年9月号   鹿角市毛馬内在住   池田 英憲様邸

生活に合わせた「大胆なまでの間取り変更」でより快適に!

【中古住宅に新築当時以上の性能を与えるリノベーション】

 池田様ご夫妻が新居をご検討の際、いくつかの選択肢がありましたが、立地条件と合せ、出された結論が土地付中古住宅のリノベーションでした。
 リノベーションとは、住居全体を一新して、好きな間取りやデザインに変える大掛かりな改修のことです。それによって、断熱性や耐震性、使い勝手が飛躍的に向上します。中古物件に新たな命と力を与えると言ってもよいでしょう。そして、それを選択された池田様のお考えは、何とも素晴らしい限りです。

 お二人のアイディアが間取りや内装に余すことなく活かされていました。白を基調とした内壁の一面だけに施されたさわやかな水色。アクセントにもなり、とてもお洒落な雰囲気を演出しています。廊下には、腰壁風のデザイン。さらに一室の内壁には、蓄光剤を散りばめた内装が・・・。灯りを落すと、幻想的ながら安らぎすら覚える不思議な感覚になります。いたる所で、センスの良さが伺えました。

 奥様と調理師のご主人、お二人のお気に入りは、キッチンの使いやすさです。大理石調が気品と明るさを引き立てていました。もう一つが落ち着いた空間を持つユニットバス。くつろぎと癒しを全身で感じ取れます。
 たくさんある収納スペースも使い勝手をサポートしていました。居室はもちろん、リビング内や階段の踊り場にも設けられています。階段は勾配がゆるくなり、上り下りしやすいものへと変身しました。

 お二人のアイディアとセンスが十分に活かされたリノベーション。とても魅力的です。紙面では、お伝えしきれない位の素敵な取り組みでした。これからもお二人の夢は、まだまだ膨らみます。

2016_0921_01
2016_0921_02
2016_0921_04
2016_0921_05
カテゴリー: リフォーム | 生活に合わせた「大胆なまでの間取り変更」でより快適に! はコメントを受け付けていません。
’16年7月号   鹿角市花輪在住   村木 拓也 様邸

清潔感あふれる白い外壁と内装の中に一工夫

 村木様のお宅はご夫婦、4歳と2歳のお子様の4人家族です。数件の新築分譲住宅を見学した結果、夢が膨らみ購入をご決断されました。

 シンプルな白い外壁と玄関ポーチに沿ったブラウン色が素敵に調和しています。清潔感と明るさを感じさせる白い内装にもアクセントが・・・。建具類は、全てエイジング加工された緑色で統一されており、アンティークな演出と相まって、とても落ち着いた雰囲気であふれています。

 中でも目を奪われたのは、リビングに併設されたお部屋です。お子様の遊び場所だけに限らず、多目的に利用できる空間になっていました。そして、もう一つが窓です。お部屋や用途に応じてロールカーテン、レールカーテン、さらには「のれん」までもが、ものの見事に使い分けられていました。あまりにも調和が取れすぎて、ただただ驚くばかりです。一工夫によって、使い勝手が良くなり、なおかつお洒落になるということを実感しました。抜群のセンスですね。

 快適な生活は、他にもあります。ゆっくりとくつろげるツートンカラーのユニットバス。ファンヒーター1台で、十分に快適な室温になる気密性。各お部屋のクローゼットはもとより、二階にも専用の収納室がありました。リビング内のお部屋と二階収納室は、お二人のご希望によるものです。

 やはり何といっても一番は、家中に見られる工夫ですね。

2016_0716_01
2016_0716_02
2016_0716_03
2016_0716_04
2016_0716_05
カテゴリー: 新築 | 清潔感あふれる白い外壁と内装の中に一工夫 はコメントを受け付けていません。