見学会・イベント・最新情報

月別アーカイブ: 2010年6月

’10年6月号   鹿角市花輪在住   T様邸

トイレが一番立派になりました!

 T様のお宅は4年前、介護保険住宅改修工事と上下水道の接続工事を行いました。

 介護保険の住宅改修工事とは、介護保険加入者の方が、日常生活において介護や支援が必要になった時に、市町村の認定を受けて介護保険のサービスを利用できる制度のひとつです。手すり取付や段差解消等の住宅改修を行った場合、改修費の9割が支給されます。(上限工事額は20万円)

 T様のお宅も介護保険の制度を利用し、手すりの設置工事とトイレのバリアフリー工事を行いました。以前のトイレは小便器の仕切りの奥に洋式便器がありました。しかも出入口には段差があり、体が不自由なT様には移動や動作に不便がありました。改修後は段差も解消され、動作の安全性と介助スペースが確保されました。

 当時、T様のお宅では、地下水を使っていましたが、ボイラーが故障したり食器等が緑色に変色するようになり、飲料水
としても不安を感じていました。この工事をきっかけに上下水道の接続工事も行い、衛生面でも改善されました。

 「安心して水が飲めるようになったが、このあたりの地下水は夏でも冷たくて美味しかったのに残念」とT様。今では手すりを使って、一人でどこへでも移動できるようになり、はつらつとしたT様のまわりには、いつも笑いが絶えません。



カテゴリー: リフォーム パーマリンク