見学会・イベント・最新情報

月別アーカイブ: 2016年5月

’16年5月号   鹿角市花輪在住   安保 尚子 様邸

生活の中心部屋が機能性を備えた快適な空間に!

 築45年の安保様のお宅は、廊下を挟んで居間と台所がありましたが、そこを一部屋にすることで、ゆったりした空間へと生まれ変わりました。天井、壁、床に入れた断熱材によって、20帖になったお部屋は、1台のファンヒーターで十分な暖房効果が得られ、今年の冬も寒さを感じず、快適に過ごしていただきました。

 オーダーメイドの食器棚とキッチンカウンターを設置したおかげで、収納性が向上しスッキリと。リビングからキッチンの窓を通して、外の風景が見られます。眺めると、サクラの木が目に飛び込んできました。

 キッチンカウンターは収納性だけではなく、女性に嬉しい炊事の導線が飛躍的に効率良くなり、キッチンにいることが楽しく思えるとのことでした。必要に応じて使用する可動間仕切りは、開放時にも違和感がありません。ベージュの内装とダークブラウンの建具類。広い空間ながら、とても落ち着きますね。玄関サッシも同様の色調に変わりました。

 また、歩行器をお使いになるお母様のために寝室をバリアフリーにし、浴室・トイレへの出入り口には、広い開口部の吊引戸を取り入れました。夜間は、天井埋込のセンサーライトが安全を確保してくれます。

 温泉巡りが趣味という安保様。お風呂にもこだわりがあります。脱衣室は籐風の床、浴室の床には十和田石を使いました。十和田石は滑りにくく乾燥が早いため、広く温泉施設で利用されています。滑りにくい素材を選ばれたところに、お母様への思いやりが伝わります。さすがに温泉を知り尽くしていらっしゃる安保様ならではのご発想ですね。

2016_0517_01
2016_0517_02
2016_0517_03
カテゴリー: リフォーム パーマリンク