見学会・イベント・最新情報
’12年 5月号   鹿角市花輪在住   大澤 様邸

早く自分に馴染ませたい!

重厚感のある落ち着いた外観の大澤様のお宅は、昨年11月に完成しました。

24年ぶりに十和田湖が凍るほど寒かった今年の冬でしたが、大澤様のお宅はオール電化住宅なので快適で、ひと冬、電気毛布を使うことなく過ごされました。そして家中が“寒くない”のをとても実感されたそうです。

玄関に入ると、慣れ親しんだ「和」を感じ、心が和みました。飾り棚には、中国では魔除けの意味がある、大きくて豪華な扇子が飾ってあり、空間を引き立たせています。シューズクロークはゆったりとしていて、家族専用の出入り口になっています。

大澤様のこだわりは、“色づかい”でした。ダークトーンの床と白い壁紙のコントラストで引き締まった空間に、プリーツスクリーンなどの‘えんじ色’がアクセントとなり、粋で華やかです。古民家をイメージして作った建具は、どこか懐かしさを感じました。

オール電化の暮らしにも慣れ、冬の気になる電気代はピークで3万7千円。以前の家では、ストーブの前から離れなかった、愛犬のジョー君も、今では自由に動き廻っていて、「暖かさに感謝です。」と喜んで頂いてました。そして、「早く新しい家を自分に馴染ませたい!」ともおっしゃっておられました。




カテゴリー: 新築 パーマリンク